[TECH] Windows8のダウングレード権について

XPのサポート期限切れが迫ってますが、Windows8proからWindows7へのダウングレードの権利についてちょっと紹介。
XPから更新するために買わなきゃいけないが、何らかの理由でWindows8ではダメな場合の参考に。

いきますよ。

まず、ダウングレード権が存在するのは、Windows 8.1のエディションのうち、ProとEnerpriseのみ。
ただのWindows8.1はダウングレード権はなく、ダウングレードしたければ、別途購入しないとできません。

ダウングレードを考えているなら、Windows 8.1 proを選択しますが、出来るものと出来ないものがあります。

まずリテール版(要するにパッケージ版)のWindows 8.1は、エディションに関係なくダウングレード権はありません。というか、Winodws 8のリテール版には、アップグレード版しかないからです。アップグレードするくらいなら、そのまま使えということです。
ちなみにWindows 7のリテール版は2013年10月末で出荷を終了したそうです。

次にOEMシステムビルダーライセンスを購入して自分でインストールした場合ダウングレード権はありません。つまり、HDDやメモリと一緒に売られているOEM版だと、リテール版と同じでダウングレード権はないということです。

OEMシステムビルダーライセンス版でも、インストール済みのものを買った場合にはダウングレード権があるようです。例えば、メーカー製やショップブランドのインストール済みのWindows8.1proの場合はダウングレードができるということです。

通常のWindows 8 proからダウングレードできるのは、Windows 7 ProfessionalWindows Vista Businessのみです。XPにはできませんし、HomeやUltimateエディションにもできませんので注意です。

ここで、ボリュームライセンスの場合Windows 8 Proのアップグレード版は、Windows 7 Professional, Windoows Vista Business, Windows XP Pro, Windows 2000 Professional, Windows 95/98/NTにダウングレードすることができます
Windows 8 Enterpriseの場合は、さらに上に加えて、Windows 7/Vista Enerpriseにすることもできます。
UltimateやHomeに出来ないのは全てのバージョンで同じです。

何らかの理由により、サポート切れを承知で、どうしても購入したWinodws 8をXPにする必要がある場合には、ボリュームライセンスのWindows 8 pro アップグレード版を購入し、XP Proにダウングレードする必要があります。
ダウングレードするためにアップグレード版を買う必要があるなんて皮肉ですね。

なお、ダウングレード権を行使した後、再インストールになるとは思いますが、元のバージョンに戻すことは可能です。なので、Windows 7が欲しいと思っていても、Windows 7プリインストール機を買うよりは、将来使いたくなるかもしれないってことでWindows 8 Proプリインストール機を買ってからダウングレードする方がお得だと思います。

※上記の内容は保証しません。実際の購入時にはきちんとご確認の上、判断されて下さい。変わるかもしれないし、条件によっては合致しないかもしれませんので。