[mono] BD/HDDレコーダ SONY BDZ-EW500

6年間使用してきた、HDDレコーダー内蔵テレビ、REGZA H3000のHDDが故障した。
録画済み番組は何とか再生できるが、新たに録画した番組がエラーで消えてしまう。
録画視聴率99%の我が家にとっては深刻な事態だ。
そのままテレビ放送を見ないという手もあるが…。

というわけで、録画機能付き大画面テレビを買い替え…なんてお金は無いのでBD/HDDレコーダーを買い付けることで対応することとする。
そして選択したのは、ソニーのBDZ-EW500であった。

BDZ-EW500は、実は現時点では型落ち品である。1年前の製品。最新機種はBDZ-EW510だけど、基本的にはあまり変わらない。

BDZ-EW500の主な機能は以下の通り。

  • 家じゅうどこでも視聴(ホームサーバ)機能
  • ワイヤレスおでかけ転送(スマホ・タブレット持ち出し)
  • 3D対応
  • 2番組同時録画
  • USB-HDD対応
  • TSUTAYA-TVやアクトビラ対応
  • 0.5秒起動

ここで、注目したのは「ワイヤレスおでかけ転送」と「2番組同時録画」である。

スマホ・タブレット連携

おでかけ転送や家じゅうどこでも視聴機能は、まさにテレビを妻子に占領されたお父さんたちにとって重要な機能であろう。家じゅうどこでも視聴機能ではベッドルームでリビングにあるBDZ-EW500に録画した番組が見れるし、家でテレビを見る暇もないときにはスマホに転送して持ち出し、隙間時間を使って視聴することもできる。

BDZ-EW500のLAN機能は、UTPケーブルを用いた有線Ethernet I/Fも使えるし、USBコネクタに無線子機を挿して無線LANにもつなげることができる。
うちでは、リビングに置かれた無線ブリッジ用ルータに有線で接続した。

うちの無線APは、妻の意向により自宅の奥に押し込められているため、実はあまり電波環境が良くない。
ちょっと心配であったが、家じゅうどこでも視聴機能でのハイビジョンの視聴は、ときどき「読み込み中」となって止まることがあるが、概ね視聴に耐える。
なんといってもフルHD解像度のスマホやタブレットで見るともの凄くキレイなのがいい。私はXperia UL SOL22とXperia Tablet Zで視聴した。Wi-Fiの電波が届いたので、裏庭で視聴するというのもできた。

xperiatablletz_stream.xperiaul_stream.
(左がXperia Tablet Z、右がXperia UL)

おでかけ転送機能では、録画品質にもよるが、1時間番組で転送に1,2分かかる。もっと時間を要すると思っていたが、案外短時間で転送できるため、深夜番組を録画しておき、朝の出かけ前に転送をしておくというのも可能だ。

対応する機種は、Android4.0以上、iOSらしい。メーカーを選ばないところが良かった。
以前に購入した地デジデコーダはPanasonicだったが、持ち出し転送はPanasonicのスマホでしか再生できなかったように、メーカーによって対応に差があるようだ。
BDZ-EW500のほうは、DTCP-IP対応のプレイヤーがあれば良さそうだ。

ライブチューナー機能も有効で、放送中の番組も見ることができる。これは画期的。
今まで衛星放送を見ることができなかった寝室やキッチン、裏庭やお風呂でも衛星放送が見ることができる。
ぶっちゃけ、この機能とタブレットがあれば各部屋にテレビを置くなんてことは必要なくなる。

2番組同時録画

REGZA H3000は名機であると思う。HDDを内蔵して録画できる機能を6年前に実現していた。しかし、いかんせん古い。家族で録画したい番組が被ると、どっちを録画するのか調整が必要になる。

ここで、EW500より数千円安いE500を選択しなかった理由が2番組同時録画機能である。説明するまでもなく、2つのチャンネルや入力からの録画が同時にできるわけだ。
これは多チャンネル時代で録画したい番組が被る確率が高くなっている現代には必要な機能かも知れない。

上位機種になると3番組同時録画も可能。

USB-HDD増設

あと8千円くらい足せば、容量が1TBのEW1000が買える。違いはHDDの容量だけ。
数千円の差ならばEW1000のほうが、と考えてしまいがちだが、HDDの容量が足りないならばUSB-HDDを増設すればいいだけなので、EW500にした。

REGZA H3000ではeSATAコネクタ、XFSフォーマットという仕様で、使い物にならなかったが、EW500は普通にUSB-HDDで良い。

評価

最新のEW510とEW500に価格差ほどの機能差は無いように思えるので、4万円を切っている販売価格では買いだと思う。