[mono] BioLite Campstove vs VitalStove 後編

キャンプ用品のストーブ(コンロ)、BioLite CampstoveとVitalStoveの比較、後編。

今回は両方とも、強で加給気した場合の比較。

燃料

燃料は、枯れ草の茎。よく燃えるが火持ちはしない。
それぞれ、同じ量を燃やしたときに500mlの水をどれだけの温度まで上げられるかを調べてみた。

DSC_0386

 

BioLite Campstove

 

DSC_0387

水温はちょうど30度からスタート。気温が高いからか、水温は高め。

前回は絶えず燃やすコツがつかめず、強火、弱火、火種、強火と安定しなかったが、今回はどんどん燃料を投入した。ファンが強になっているため、火はものすごく、隙間から炎がバーナーのように飛び出していた。

そのため、鍋の柄はものすごく熱く、素手では持てなかった。バーベキュー用の皮手袋が必須だ。

3分ほど燃やしたところで、BioLite Campstoveの一番の売り、USB充電が可能になった事を示すグリーンランプが点灯した。BioLiteを買ってから初めての事。

DSC_0388

電源ボタンの下に、ファンの強さを示すLEDがあり、上の写真で点灯しているのは「強」のランプ。そして、その下にUSB端子があり、USB端子の上の部分がグリーンに点灯している。

この状態でAndroid スマホの Arrows Z ISW11Fを充電してみた。確かに充電できる。
写真撮影に使っていたので充電中の様子は撮影できなかったが、アプリを2個起動したままの待機状態だと、使用量と充電量が同じくらいか、やや充電量が多いくらいであった。つまり、先ほどの燃料を全部投入したときだと、バッテリー残量はほとんど増えなかった(減りもしなかった)。

今回の比較テスト分の燃料を消費したと後も、継続して充電モードのテストを行っていたが、板や木切れなどの安定した火力が長めに得られる燃料ならば、10分程度で3%くらいの残量を上げられた。
用途としては、LEDライトの充電や点灯くらいが適切で、スマホの充電だとかなりの燃料を燃やさなくてはならない。災害時のエマージェンシー用とするなら、完全にバッテリーが切れた状態のスマホを充電し、起動して少し使う程度が精一杯と思われる。
厳密なテストはしてないが、予想としては、電源が切れた状態でバケツいっぱいの板切れを燃やしたときに、50%くらいの充電しかできないんじゃないだろうか。ちょっと地球に優しくは無いな。

DSC_0389

さて、燃焼テストの結果。先ほどの燃料を使って10分弱で89.2度まで上げられた。一掴みの枯れ草でこの程度は優秀か。1Lの水を4,5分で沸騰させる事ができると説明にはあるが、燃料の違いか。

VitalStove

次にVitalStoveをテスト。
日が翳ってきたからか、初期温度は29.9度と、さっきより低め。

DSC_0390

VitalStoveは乾電池である。心なしか、ちょっと電池が弱ってきた気がする。そのため、少し不利かもしれない。
こちらも燃焼時間は10分足らずである。

DSC_0391

結果、先ほどの燃料で上げられる温度は78.2度であった。写真では78.0度だが、これは温度が下がってきたところで最高値を過ぎたと判断して撮影したため。
VitalStoveは、ファンで風を送り込むので、燃え尽きた後は冷却することになる。

結果

加熱の性能は、使った鍋が小さいものであったため、BioLite Campstoveの圧勝であった。
VitalStoveのほうは、火が横から漏れるので、加熱がバラける。鍋底が大きければ差は縮まる。

おそらく、大きな鍋を加熱する場合は性能に差はあまり無いと思われる。
フライパンならまだいいが、大きな鍋の場合、BioLiteのほうは鍋をどかさないと燃料の投入ができないため、大きな鍋を使うときはVitalStoveのほうが有利。

電池すら入手ができない、あるいは電池の節約を考える場合はBioLiteのほうがいい。ただし、内蔵バッテリーには寿命があるはずなので、半永久というわけには行かないだろう。一般的な充電池は500回くらいが
BioLiteのほうは、半年以上使わない場合はUSBから充電しておく必要もある。

携帯性については、VitalStoveのほうがコンパクトでかばんにも入れやすい。BioLiteのほうは小さくならないので、それなりにスペースをとる。

どちらが買いかといわれれば、どっちも一長一短。どちらを買っても損は無いと思う。
値段が安くて寿命が長いVitalStoveか、値段は高めだが電池が不要、でもバッテリーの寿命があるBioLiteのほうか。

ガジェット好きな立場から言うと、やはりBioLiteのほうが面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です