海外通販でお取り寄せしてみた

2件の商品をアメリカのAmazonからお取り寄せしてみた。
今後の参考のため、細かくトラッキングを観察したので記録。

ケース1:電子玩具類

買ったものは後日レポートしたいので商品の詳細は省く。

人気商品で、予約販売のものを発売御前にamazon.comで発注。

業者 場所 日時(日本時間) 説明
Amazon ワシントン州 5/2 発送された
DHL カリフォルニア 5/4 国際配送センターに届いた
DHL カリフォルニア 5/8 国際発送された(出国)
クロネコ 成田 5/10 成田着
クロネコ 成田 5/18 成田発
クロネコ 沖縄 5/19 沖縄センター
クロネコ 自宅 5/20 到着

成田で一週間以上止まっていた。到着日数を測るために、あえて放置していたが、後から注文した商品が追い越してしまったので、さすがに変だろ、ということでセンターに電話してみる。
通関で、何か問題があって輸入できないのかもしれない。

ところが帰ってきた答えが信じられない。「お客様情報が抜けてる」という。え…?

Amazonで買って、Amazonが発送してきたものだ。Amazonのテナントじゃないもの。しかも、もうひとつの商品はちゃんと届いた。

しょうがないので電話口で住所や氏名、電話番号を伝え、再送してもらう。
いったいどういうことだろう?

ケース2:アウトドア商品

日本でも売ってる商品。発送時の到着予想日は5/18。

業者 場所 日時(日本時間) 説明
Amazon   5/6 注文
Amazon イリノイ州 5/9 発送
DHL イリノイ州 5/9 国際センター着
DHL イリノイ州 5/12 出国
クロネコ 成田 5/15 成田着
クロネコ 成田 5/15 成田発
クロネコ 沖縄 5/16 沖縄ベース
クロネコ 沖縄 5/17 主管センター
  自宅 5/17 到着

なお、実際には5/17に不在で再配達をインターネットからその日のうちに依頼したが、翌日に宅配ドライバーから電話が入り、センターを出た後に依頼が来ても指定時間に再配達できないとふざけたことを言ってきたので、ちょうど近くを通る予定だったので直接センターで受け取った。

結論

海外通販でアメリカからだと、だいたい10日~2週間くらいが目安か。
アメリカでは発送と、国際便のところで日数を食う。
成田では本来は1日で通過するみたいだ。

トラッキングサービスで見て、成田で数日止まっているようなら問い合わせたほうがいいみたい。
問い合わせなかったらずっと届かないというところだった。

今回トラぶった場所が国内だったため、問い合わせは問題なかったし、届いた商品が痛んでいる事もなかったが、海外通販でこういうところは不安だ。
高額商品を購入するときは注意しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です