[mono] Appleの意匠を侵さないスマホ・タブレットを紹介

AppleがアメリカでのGalaxyシリーズの販売を差し止める請求で、Samsungや、その他のメーカーに、Appleのデザイン意匠の特許を侵さないデザインとして提示した内容が、あまりにも面白すぎるらしい。
思わず笑っちゃう。
これじゃGalaxyの販売差し止めを却下されてもしょうがないと思う。

その内容を吟味しつつ、Appleから訴えられる心配のないスマホ・タブレットを探してみた。

ComputerWorldの特集「薄型または長方形のスマートフォンやタブレットは作るな!――アップルのサムスンへの言い分」によると、他のメーカーが採用できるデザインは、

  • 前面は黒または透明でない
  • 前面は長方形ではなく、平らではなく、角がカーブしていない
  • ディスプレイ画面は長方形よりも正方形に近い、あるいは、長方形とはまったく異なる形である
  • ディスプレイ画面はデバイス前面の中央にはなく、外縁部が広い
  • レシーバーは、水平で端が丸い細いスロットではなく、ディスプレイ画面の上部の中央にはない
    前面に大きな装飾が付いている
  • ベゼルがまったくないか、あるいは、見た目がまったく違うベゼル(薄くなく、均一でなく、内側にスロープがない)を採用している

とのこと。
液晶や有機ELモニターなんて、電源が切れたら黒っぽくなるし、表面が透明でなければパネルは見えないので、まぁ画面表示は付けるなと言うことになる。
でも前面ではない、裏面が黒くて透明ならいいんじゃないだろうか。
すなわち、表示や操作する部分は裏面ですよ、と。

人間が手に持って使う製品で、角がカーブしていないものっていうと包丁やハサミの先などの刃物とかくらいしか思いつかないので、これをクリアするのは極めて困難だ。8角形にすれば落下時の衝撃吸収や、足に落として怪我をすることは避けられるか?

ディスプレイが長方形よりも正方形に近くなければならないとしたら、現存するPCやスマホや携帯電話など、広範囲がアウトだ。

画面が中央部にあっちゃいけないとしたら、一方に偏って配置しなくてはならないわけか。

前面に大きな装飾を付けないといけないのか。

探してみたら、完璧ではないにしろ、回避不可能な条件を除く、いくつかをクリアしてるものがあった。
探せばあるもんだ。

これならば、iPhone4と間違えて買う人はいないであろう。

前面は一部は透明だが、画面は画面の中央にはなく、外縁も広い。
また、写真を見る限り、裏表だけの2枚構成で、ベゼルは無いように見える。

この程度ならAppleは大目に見てくれるのではないだろうか?

タブレットにも別に条件を提示している。

  • 全体の形は、4つの側面が平らな長方形ではなく、角がカーブしていない
  • 前面は完全に平らまたは透明ではなく、大きな装飾が付いている
  • 前面の周囲は薄いリムではなく、厚いフレームである
  • 断面は薄くない
  • 外観は雑然としている

この条件に合うタブレットは、これ。

これならば、カバーの部分を前面であると主張すれば透明ではないし、黒ではないので大丈夫だろう。
また、装飾も付いているし、少し表面もデコボコしてる。

ただ、角は丸くされているし、画面が中央に配置されていて、長方形にも見える。画面の横の装飾も含めて画面だと主張すれば正方形に見えなくもない。
外観は、整然としているように見えるが、いろんなものが描かれているので雑然としてると主張は可能だ。
断面が薄くないかは主観の問題で、Appleからみれば薄くはないだろう。

ただ、製品名にiPadに似ているものを付けてしまっているのは懸念されるところである。

クリスマスも近いし、Appleに訴えられる心配のないスマホ・タブレットをプレゼントにしてはどうだろうか?
でも、やっぱり角が丸くないというのと、前面(表示部)が透明じゃないというのはクリア不可能。

最後に重要な点を上げておくと、このスマートフォンとタブレットは、3GもWi-Fiはもちろん、LTE/WiMAXも搭載していないので通信をするのは困難だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です