[mono] Bluetooth イヤホン・ヘッドセット カシムラ BL-2

自転車に乗りながらスマホ・携帯電話を使って音楽を聴いたり通話するとき、安全のために片耳にしかイヤホンはささない。両耳にさすと、後方から接近する車やバイクに気付かないので危ない。

じゃ、いっそのこと片耳タイプのヘッドセットにしてしまえばいいのにと考えて、ちょっと検索して探してみるとなかなかみつからない。諦めかけていた時に、ふとベスト電器で見かけて購入した。

今どきの携帯電話やスマホと連携してBluetoothヘッドホンで音楽を聴くとき、そのヘッドホンがA2DPなどのオーディオ用プロファイルに対応していたとしても、それだけでは使えない。
合わせて著作権保護機能のSCMS-Tにも対応していないといけない。
このSCMS-Tに対応した片耳タイプのBluetoothヘッドセット・ヘッドホンは少ないのだが、このKashimura BL-2は対応している。

ベスト電器では3000円台後半だったが、Amazonでは2000円台前半で買える。Bluetooth機器としても安いほうだ。

耳かけフックは取り外して反対向きにすることができるので、左右、どちらの耳でも使える。
耳かけフックはすぐ外れるので、何回も取り外ししているとバカになっちゃうかもしれない。

音質は値段相応といったところか。ノイズキャンセリングが付いているらしいが、今のところ効果を実感したことは無い。片耳だからしょうがない。

単体でも音楽を聴けるが、もちろん片耳なのでモノラルになる。おそらく、値段的に、右か左か、どちらか一方の音を出しているだけだと思われるが、未チェック。

普通のステレオヘッドホン(ミニプラグ)を挿せば、ステレオで聴くこともできる。
USBケーブルで充電するのだが、このヘッドホン用のプラグに挿して充電する専用ケーブルとなっている。無くすとその辺で売っていないので要注意。

ペアリングは難しくないが、接続が不安定なところがある。何度やっても接続できない時は諦めているが、スマホのほうが問題なのかと思ったら、他のBluetoothヘッドセットにはすんなりつながったので、BL-2のほうが怪しいと思われる。

せっかくのBluetoothヘッドセットだが、感度が弱い。
カバンにスマホを入れただけで、音が途切れ途切れになる。これはちょっと残念。結局、スマホをBL-2の近くにしないといけないのでは、Bluetoothの意味がない。有線のヘッドホンとあまり変わらない。

総論としては、値段の割には良い製品だと思う。今まで8000円台で買ったBluetoothなのに、必要な機能が入ってなくて全く使えないなんて失敗もあったので、2000円台の商品でそれ以上の有効打があったのはお得感がある。

普通に歩くときはステレオヘッドホンタイプを使ったほうが音もいいし、変な目で見られないので良いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です