[mono] EP-802A エプソン複合機(スキャナ・プリンター)

妻の祖母が亡くなって仮通夜の日、義母が義祖母の昔の写真を引き伸ばして飾りたいと相談してきた。最初は写真屋に頼むつもりだったようだが、「写真屋だと日数がかかるし、うちでもできるから作りましょうか」と提案し、軽く請け負った。

自宅に帰り、スキャナーで古い写真を取り込み、Paint Shop Pro で少し修正する。そして、5年前に買った当時の高級機PX-G920で印刷開始。
すると、プリンターから「クシャクシャクシャ、ガガガガー」と異音。
カバーを開けると、機械的に故障したようすで、自力で修理は困難と判断した。
もう一台ある複合機は、FAXと文書印刷・コピーがメインの低画質ブラザー。
写真品質を求めるのには力不足。

急きょ、買いに走る。どの機種を買うかは全く検討していない段階。

ベスト電器に着く。EPSONかCanonかーなんて考えていたら時間がもったいないので、EPSONに的を絞って選ぶ。
すると、最近は顔料インクタイプのPXと、染料インクタイプのEPの二つになっているらしい(店頭で感じただけだが)。
かつての主力商品のPMって無いようだった。

まず最初に見たのが、PXの安い奴。1万円を切っているのに、インクが各色独立カートリッジだ。顔料インクは普通紙に印刷するときに裏写りしにくくて良い。だが、数年は使うはずだと考え、もうちょっと長く使える上の製品にしようとグレードアップしてみる。

しかし、5年前の高級機よりもすごく多機能になっているうえに値段が半額くらいだ。
ただし、印字品質はやはり劣るかもしれない。

PX-G920は8色顔料インクだった。中には無色のインクもあるくらいだったが、ホントにそんなに必要なの?って気がしてた。
実際はわからない程度か。

昨今は4~6色が多いらしい。

そしてEP-803Aを買った。

今回買ったEP803Aと迷ったのが、PX-503Aだった。こっちは顔料インクの複合機で、どちらもWiFi,LAN,スキャナー搭載。
違いは、EP803Aが染料インク6色で、CD/DVD直接印刷可能というところで、PX503Aが顔料インク4色、両面印刷ということ。
下調べせずに買いに来たので、店員に聞いてみると、PX-503AはCD/DVDへの印刷はできないという。ちょっと信じられないが、
どうやら、EP-803Aは写真印刷重視、PX-503Aは文書印刷重視というように思えた。

ちなみに、迷ったのはEP-803AとEP-803AWもだが、EP-803AWは色が白いだけで高い?と思ったので黒いEP-803Aにした。

自宅に持ち帰り、大急ぎで開封、大急ぎでセットアップ。保護材・シールがいっぱい貼られていて、はがすのが大変。
PCにプリンターの付属ソフトをインストールしつつ、プリンタのセットアップも開始。
プリンタは初期インク充填で15分くらいガチャガチャやっている。
PCのソフトインストールも17分くらいかかる。

Wi-Fiの設定は、ちょっとWPAとWPA2の選択を間違えただけで設定の修正ができなかったので面倒くさくなった。
Wi-Fiルータにプリンタが提示するPINコードを入力する方法で自動設定にした。
プリンタなので、IPアドレスは固定にする。

で、印刷すると、結構簡単にできた。

無事写真も印刷できて、速攻でお通夜に戻った。

その後調べて、特筆すべき機能。

CD/DVDレーベルコピー。CDやDVDをスキャナーの真ん中に置き、CD-R/DVD-Rをトレイにセットしてコピーすると、そのままCD/DVDレーベルがコピーできる機能。どういうときに使うのかな。

PC要らずの手書き合成。写真ファイルを読み込み、手書き記入シートを印刷。それに手書きで編集することによって、写真上に手書き文字やイラストが合成できる機能。

オプションで両面印刷。これをつけると、PX-503Aのように両面印刷ができる。染料インクで裏写りしやすいこのプリンタとしては、あまり必要性は無いと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です