高速道路無料化実験開始

いつもより30分早い6:30頃に沖縄南ICから沖縄自動車道に乗る。以前なら、この時間に乗るとスカスカな高速道路だが、やはり今日は交通量が多い。7:00過ぎくらいの通行量はすでにある。
朝の30分の差は大きい。こんな早朝から渋滞気味になっているのでは、7時から9時の間のピーク時はどうなることやら。

高速道路無料化の社会実験とやらは、全国の「交通量の少ない」高速道路で行うとあるが、沖縄自動車道は交通量が多い。料金が低減されていることから利用率も高く、あまり長くない高速道路にしては黒字。だから、本来であれば無料化対象じゃないはず。

社会実験としてはすでに成功していると思う。料金さえ安ければ、利用率が上げられて利益は出るのだ。
これで無料化なんてしたら、もっともっと利用率上がっちゃう。今でも渋滞が発生しやすいほど交通量が多いのに、これじゃ高速道路じゃなくなるかもしれない。

もともと沖縄自動車道って、距離が短いうえにICが多く、さらに軽自動車が多いと来た。その結果、平均速度が低いのだ。最高速度80km/hのところ、60km/hで走ってる車を見かけるのも珍しくないし、追越車線でさえ80km/hも出ていない車もいたりする。

とりあえず、沖縄の人は高速道路の使い方が一般道と変わらない使い方をするので迷惑だ。

進入時、加速車線で十分加速してから合流しよう。走行車線の流れを悪くしちゃだめだ。
追越車線で、後続車に追い付かれたら、走行車線に戻れるタイミングで車線変更し、進路を譲ろう。たとえ走行車線を走っている車より自分が速いからといっても、後続車をせき止めてちゃだめだ。
と同時に、ずっと追越車線を走り続けるのはやめよう。走行車線を走れるときは、そこを走ろう。
バス停は、高速バス専用だ。土方の人たちや高校部活のバンが人を拾うために停車したりするが、迷惑。止まるときの減速と再進入時の加速が不十分で、走行車線の流れを悪くする。たまに走るバスだけでもうざいのに、そんなに多数の車が止まってちゃとても迷惑。
ICを降りるとき、減速は、できるだけ減速車線に進路変更してからにしよう。走行車線で50km/hになんて減速されたら、走行車線の流れが悪くなる。皆、そこのICで降りるわけじゃないんだ。

2 Comments

  1. 数年前に沖縄旅行でレンタカーを借りた時には驚いたものでした。
    高速道路の平均速度。
    あと、一般道でも路肩側の白線を跨いで走る車が多くないですか?沖縄。

  2. 白線をまたいで走るというより、左折直進車線、右折車線の2車線しかない
    交差点とかで、自然に勝手に左折車線が形成されたりとかあります。
    まぁ、直進車もいる車線なのに左折矢印信号を出すような変な設計が
    原因だとは思いますが。

    沖縄は軽自動車が非常に多いので、高速道路の平均速度は低めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です