Interop2010

数年ぶりにインターロップに参加してみた。数年ぶりだと、やはり落差が激しく感じる。

以前は各社の宣伝合戦で、目立つ大きめの袋・バッグを配っていたが、今では小さめの紙袋が何社かにある程度。展示会を廻り始めは、もらった資料を入れる袋がなくて不便だった。

展示会で人気のノベルティ。まぁ、ノベルティ目的じゃないから別にいいんだけど、今はボールペンとかワッペンとか、数年前と比べると明らかにちゃっちくなっている。
ぷらっとほーむが抽選でOpenBlocksをプレゼントしていたので、遠隔地ネットワーク調査用に欲しいと思ったが、当たらなかった。残念。競争率は低いので、ちょっと期待したんだが。

さて、今年はデジタルサイネージとクラウドって感じ。デジタルサイネージとは、簡単に言えば動的に変化する街頭広告ってところかな。

クラウドは、猫も杓子持って感じ。新しい技術ではないけれど、なんだか流行っちゃってる。

まるで万能のように思ってる人が多いんだけども、「それって情報セキュリティ的にどお?」ってこともある。
お客さんから聞かれることもあるけど、やっぱりセキュリティを重視するサービスには使えない。

クラウドを構成するシステムってどんなのがあるんだろう、と思ってざっと見て回ったけど、これだっていう鉄板なシステムは定まっていない感じ。そもそもクラウドにもいろいろな種類があるし。

10年くらい前のインターロップ(+Networld)は、三日間かけても十分は廻れないほど大規模だったが、今年のインターロップは半日で廻れちゃいそう。まぁ、今年は展示会というより、無料で受けられるクラスルームや、各ブースで行われる講演(みたいなの)がメインなので、いいんだけども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です