初黒字達成

3月は天気があまり良くなかった気がするが、気温も低い日が多く、日照時間も長くなっていたからか、初めて光熱費が黒字になった。

冷房も暖房もほとんど使わない日が多かったため、今月の電気料金は10260円であった。それに対して発電量はこれまでの最高で、266kWとなった。金額に換算すると12800円。よって、2000円余りの黒字となった。今月は光熱費がかからなかったどころか、儲かった。オール電化なので、ガス代も無し。

これからは発電量は上がるが、冷房も多用化するはずなので、今月のように黒字になることは滅多にないと思うが、うちの太陽光発電パネルはちょっと古いので、発電力が低め。最新の太陽光パネルだったら毎月黒字になるんだろうなぁと思ったりする。

ちなみに発電量は天候によって大きく左右されるので、11月~3月では、4000円台~12800円までと差があった。夏はどうなるんだろう。

4 Comments

  1. 『オール電化』って台風などの停電時はどうなんだろ?
    沖電の担当は「お湯を貯めてるので大丈夫」という説明を受けたことがあるけど、そこじゃなくて調理器具系はどうするの?
    やっぱカセットコンロ?

  2. 停電時の調理器具は、やっぱカセットコンロですね。
    まだ停電は経験していないですが。

    あと、太陽光発電は、平常時は売電専用なんですが、緊急時には直結して
    使えるコンセントもあります。
    昼間なら、一応卓上IHコンロとか使えます。
    まぁ、天気が良くないと無理ですが。

    ちなみに、最近のガス湯沸かし器なんかは電気が無いと動かないため、
    停電の時はお湯がでなかったりします。

  3. これってさ、車用のバッテリーをいっぱい買ってきて蓄電すると
    電気買わなくてよくね?

  4. 残念ながら、使用した電気量と太陽光発電量は、今回のケースで3:1くらいの割合。
    だから使用する電気を全部太陽光発電で賄うのは、最新のパネルをたくさん設置
    しないと足りないんですよね。

    で、なんで黒字になるのかというと、安い深夜電力で洗濯や湯沸かしをして、昼間に
    太陽光発電の分を高く買ってもらってるから。
    だいたい深夜電力と太陽光の売電価格の比率は、1:4くらい。

    売電価格は固定なので、電気料金が高くなると太陽光発電の元が取れるのが厳しくなります。

    まぁ、太陽光発電は使うより売ったほうが断然お得ってことは間違いないです。:-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です