佐賀市議会の表明

普天間基地の移設先候補に挙がっているとされる件で、佐賀市議会は「背負わされるいわれはない」と反対の決議表明をしたらしい。
正直で結構なことだが、同様に沖縄だって「背負わされるいわれはない」んだよね。
佐賀市議会は「自分たちのところだけは嫌だ」と言ってるだけにすぎない。

そもそも、佐賀空港って、今日開港した茨城空港みたいに、いろいろ嘘八百を並べ立てて無理やり建設した無駄な空港。
福岡空港、熊本空港、長崎空港をトライアングルとしたちょうど真ん中にある空港。
需要予測を大幅に下回っているし、定期便も少ない。
需要予測はでたらめで、本当の理由は九州では佐賀県だけが空港がないから作っただけという。
空港の運営も全く軌道に乗らず、県からの補助金を湯水のようにつぎ込み続けている状態。

市議会では年に一回催される「バルーンフェスタ」の邪魔になるとか、有明海の海苔養殖に影響があるとか言ってるけれど、「バルーンフェスタ」のときに米軍に配慮してもらえばいいし、飛行機の離発着が増えることで海苔の養殖に影響が出るというのなら、佐賀空港は最初から失敗する前提で作ったことになる。

干拓地で地権問題もあまりないし、住宅密集地から離れていることを売りとしているので騒音問題も心配ない。

佐賀県民は、この無駄な空港に自分たちの血税からつぎ込んでいくよりも、国がこの無駄な施設を引き受けてくれるのを望んだほうがいいと思うけど、でも米軍のほうが「佐賀は嫌だ」といって拒否する可能性が高いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です