東京3日目

ホテルの窓から富士山が一望できる部屋を選んだが、あいにく朝から雨がシトシト降っていて富士山は全然見えない。

宿泊者は入園無料なので、昨日入れなかった戦慄迷宮バイオハザードに行ってみる。と、開始は10時かららしい。10時からだと帰りのバスの時間にギリギリになってしまうかもしれず、あきらめてほかに行く。すると、何もやってない。開園しているだけで、フードコートもアトラクションも閉まっている。どないせっちゅうねん。

開いているのはお土産品を売っている売店と、リカちゃんハウスと、雨が降っているせいで食べる場所がない一部の屋台だけ。ホテルに戻って朝ごはんを食べることにする。

すると、ホテル内の食事が高い。昨日の夕食より高い。仕方ないので周辺にコンビニでもないかホテルの人に聞くと、近くにあるという。コンビニに行くことにする。

コンビニに向かうと、ホテルの部屋からの死角にファミレスやコンビニ、パチスロなどが立ち並んでいるところがあった。ドン・キホーテまである。昨日の夕食も出てこればよかった…。

さて、ホテルをチェックアウトして帰りのバスに乗る。帰りのバスはガンダムだ。

gundam.JPG

ガンダムに乗って東京駅に向かい、そのまま羽田空港に向かう。嫁は仕事での出張なので、取った便が違う。自分より4時間も先に帰ってしまう。一人では羽田に行ききれないほど東京が苦手な嫁を羽田まで連れて行って送り出し、自分は秋葉原に向かう。

病気的な肩こりの自分は、書泉でマッサージの本を探す。しかし、一昨日に三省堂で見た医学コーナーにあったようなヨサゲなスポーツマッサージの本が見つからず、結局お茶の水の三省堂に再び行く。そこでスポーツマッサージの本を買うが、結局は書泉にも売ってるようなのにする。医学コーナーにあったやつは7000円もするのでパスした。

お茶の水から都営三田線で三田経由、羽田空港に向かうと、ちょうどいい頃合いに着く。電車を降りるとき、所持金が1000円しかないことに気付いてビビる。

羽田空港ではSkipとかいうサービスが始まっており、しきりにあちこちで説明している。自分の携帯もオサイフ携帯なので対応しているが、ICリーダーがどこか分からず迷った。バーコードリーダーと同じ部分でいいらしい。ちゃんと説明してよね。

帰りの飛行機では、着陸態勢に入って高度が下がってくると、激しい頭痛に襲われた。こんなの初めて。死ぬんじゃないかと思った。
額や眼球が激しく痛み、血管と眼球が破裂するんじゃないかと思うような痛み。
後で調べてみると、飛行機頭痛というらしい。なんでも、鼻腔内のちかくにある空洞の気圧と外部の気圧差によって起こる痛みで、外気の気圧が上がることで痛むらしい。
ちょっと鼻詰まりしていたので、それが原因かもしれない。

というわけで、30分ほど遅れて飛行機は那覇空港に着いた。
今回の旅は終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です