メガネのレンズ

今のメガネは、2,3年になるだろうか。
子どもを抱っこすると、メガネをすぐに奪い取られる。
手から溶解液(唾液入りミルク)を出し、レンズをベタベタ触る。

たちまちメガネのレンズのコーティングがダメになった。

どうも、このハードコーティングが実は長持ちしない原因じゃないかと感じている。
傷が付くのを防げても、傷が付くより先にハードコートが剥げて曇るのが早い。

最近は、もう目が疲れるほど曇りが酷くなってきた。

と、Aメガネがチラシを配っていて、レンズ交換だけでも数千円でできるというので早速仕事帰りに行ってみた。

店に入ると、すぐに視力を調べられる。
今のメガネはN堂で買った安いのなんだが、AメガネはN堂よりも見やすいレンズを処方してくれる。

「では見積りしてみますね」とすぐにお値段を弾いてくれたが、そこで目が飛び出た。
レンズだけで33,000円…。

えっと、チラシにあった数千円のレンズは…。

最初に詳細な視力検査をしてくれるので、雰囲気的に断りにくい。
だが、予想価格より数千円高い程度ならいざ知らず、桁が違う。

こんなに高いなら、コンタクトにするか、N堂でフレームごと新調しちゃうかな。

メガネって、フレームはおまけなんだ。

2 Comments

  1. 度がきついと結局上等のレンズを提案されちゃうんですよね。

    僕はめがね21にいっています。
    フレームをカスタマイズできるできるので気に入っています。

    弐萬圓堂どうですかね?
    2万円+消費税でいいそうですが。

    上等レンズだと2万円で収まらない罠とかあるのかな。

  2. 弐萬圓堂は、そこそこいいレンズを使ってもらっても二万円だった記憶があります。
    最高級になると追加料金だったかなぁ。覚えていないです。

    ただ、レンズはあまり選べなかったと思います。
    たぶん二万円で収まるレンズを揃えているのかと。

    結局、予備のメガネが無い状態なのでフレームごと作ろうかと思ってます。
    弐萬圓堂で。

    あー、レーシックやりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です