[映画] アバター 3D吹き替え版

新都心のシネマQにて、3D版のアバターを見た。

今回の上映から新導入したシステムということなので、IMAXなのかと期待したら、RealDだった。
IMAXのがスゴイと聞いていたので、ちょっとがっかり。

まだ沖縄の映画館には、このRealDの1スクリーンだけということもあり、見比べたわけではないのでハッキリは言えないけれど、どうやらRealDの欠点は「暗い」「色調が薄い」「端っこの席だと良くない」ということらしい。
利点は、頭を垂直に保たなくても3Dに見えることらしい。他の形式によっては、首を傾けたりすると3D効果が無くなるものも。
技術的な解説は長くなるので省略。

今回、深夜の遅い上映で、数時間前にチケットを買ったにもかかわらず、座席は中央後部か、端っこの通路側のみしか選べなかった。
当然、中央後部にする。この時点で中央部以外を買ってる人がいるってのがちょっと不思議。
おススメは中央部、前寄りらしい。

3Dメガネは、プラスチック製のでかいサングラスのようなもの。でかい顔の人や、メガネの上からでもかけられるようブカブカの大きめ。
安定しないので、私は普段かけているメガネのフレームの上に載せる形にした。やっぱ見てるときにずれちゃう。
ディズニーランドやディズニーシーとかで貸出される、柄のほうがカーブしている3Dメガネのほうがガッチリ安定していいが、このグラスは柄のほうも真っ直ぐなのでひっかからない。

窓口でチケットを買う際、有無も言わせず、3Dメガネも含めた料金を請求される。
2回目の観覧とか、持ってる人から借りてきて観覧する人を想定していないのだろうか。

始まると、館内からは「おーっ」と歓声があがる。
立体映像を掴もうとしたり、3Dメガネをはずして画面を確認するお約束をする人もチラホラ。

映像は、ちゃんと3Dに見える。
遠近での焦点で、手前や奥の方がぼけるシーンでは、3D映像に慣れないとちょっと不快感があった。
無意識に焦点が合ってない物体の映像を見ようとしちゃって、眼球が焦点を調整しても無理なので、ちょっと違和感。

でもそれらの違和感や疲労感は15分ほどですぐ慣れてしまう。

1時間以上たつと、もう3Dなんだか2Dなんだか、意識しない状態で見てることに気づく。
3Dが面白いのは最初のほうくらいということでもある。

ストーリーは、「もののけ姫」「攻殻機動隊」と言う感じ。
星野之宣の「2001夜物語」とかにも似たような話があった気もするが、こっちはこっちで何かのオマージュかも。

吹き替え版だったけど、「アグリー・ベティ」や「LOST」を見ている感覚にもなったのは自分だけか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です