ダッチオーブン

NEOSで購入したダッチオーブン(LODGE LOGIC)を使ってみようという計画。

LODGE LOGICは、鋳物製のダッチオーブンで、要するに溶かした鉄を型に流し込んで作った鍋。
他にもアルミや鉄の板をプレスして作った(いわゆる普通の鍋みたいに)ものがある。鉄板とか呼ばれるらしい。

それぞれ一長一短があるけど、とりあえず買ってしまったのはLODGE LOGICの鋳物タイプ。
12インチもので、足つき、蓋の上に炭が乗せられるタイプ。

通常の鋳物型ダッチオーブンは、最初にシーズニングと呼ばれる作業をしないといけないらしい。
どういう作業かと言うと、錆びていたら金属製のたわしでごしごし洗って、サラダ油を塗って火にかけ、さらにクズ野菜(切れ端とかの捨てる野菜)を炒めたりして鉄くささを取ったり錆防止を施す作業。
そういうことを知らない初ダッチオーブンな私がたまたま選んだLODGE LOGICだったが、このダッチオーブンはシーズニング済みですぐ使える商品だった。

さて、通常価格の半額くらいでダッチオーブンを入手はしたものの、単体では使えない。
炭火を乗せることもある蓋は、もちろん素手では持てないので、専用のスウェード手袋が必要。
炭火を置いたりするために、トングも必要。
オーブンとして使うときには、食材が直接触れないよう、中に入れる網台も必要。
今どきは地べたで炭火を起こすのはマナー違反なので、焚き火台も必要。

結局、ダッチオーブンを買った値段の3,4倍の費用がかかってしまう。

焚き火台は高かったので、炭火グリルがあるから、それで代用できると思って回避した。

さて、自宅マンションで炭火モクモクするわけにもいかないので、とある工業地帯にある防波堤のところに来た。
風が強い。

火起こしで炭火に火をつけ、グリルに投入。
最初に作るのは、ソーセージの燻製。アルミホイルを敷き、桜のチップをパラパラと乗せた。
ダッチオーブンを炭火グリルに乗せてみると、足つきダッチオーブンだったせいで、炭火から遠すぎる。
仕方が無いので、鉄板の上に炭火を置き、その上にダッチオーブンを置いてみた。
しかし、風が強く、炭火がどんどん弱くなってきて、消えてしまった。

結局、できたのは一部分が燻製になったソーセージ。
仕方が無いので、それを食する。まぁ、美味しいソーセージだったので、それでも美味しく食べられた。

その次に挑戦する予定だったローストビーフやビーフシチューは、強い火力が必要だったため中止。
やはり焚き火台が必要だ。

ちなみに、ローストビーフ用の牛もも肉の塊って、簡単に入手できなかった。
うちの両親はよく作ったりするので、簡単に手に入るものと思っていたが、精肉店で注文しているみたいだ。
最近はスーパーが個人商店を駆逐してしまいつつあり、スーパーではローストビーフ用の塊なんて扱わないために大きな牛肉の塊が手に入りにくい。

自宅に帰って、キッチンでビーフシチューを作ることにした。
注意すべきは、足が付いているため、コンロにそのままは載らないことと、空焚き防止機能が付いているコンロだと、空焚きや異常加熱と判定されて火が止まってしまうこと。
うちのコンロの場合は揚げ物用ではないほうで、ダッチオーブンを使えた。

細かいレシピは省略するが、赤ワイン煮込みのビーフシチューが出来上がり。
本当は上火加熱もしたほうがいいが、キッチンじゃ無理なので下火だけ。

とりあえず食する。んー、微妙。というかワインの酸っぱさが強いのか、ビーフシチューの元を入れ過ぎたのか酸っぱい感じ。つまり、マズイ。食べられなくはないけど。
補足:次の日になると、酸っぱさが消えて美味しくなりました。

鋳物型のダッチオーブンの場合、調理が済んだら、中の料理は全部他の皿やお鍋に移さないといけない。そうじゃないと料理に鉄のにおいが移ったり、ダッチオーブンが錆びたりするらしい。

使用後の手入れもちょっと面倒。
洗剤を使わず、たわしでゴシゴシお湯洗い。洗った後に火にかけて水気を飛ばし、熱いうちにサラダ油などを塗る。それを繰り返すうちに油が染み込んでいって錆びにくくなるらしい。鋳物型ダッチオーブンは新品より、大事に長年使い続けられていた物のほうが価値があるのかも。

教訓。
焚き火台は必須。
炭火焼以上に炭は大量に必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です