Bluetoothレシーバ BT-MicroEDR1X

パソコンショップで千円ちょいで売っているPCIのBluetoothレシーバ、BT-MicroEDR1Xを買ってみた。

Bluetoothはいろいろな機器が使える。マウス、キーボード、ヘッドセット、ファイル転送などなど。

買った目的は、携帯電話で撮影した写真をPCに転送すること。

所有するW62CAは、いわゆるGz’one。防水携帯の代表格。ダイバーズウォッチでも同じだが、この手の防水製品は蓋を開けたりすると防水性能が下がっていく。そのため、私は携帯電話とACアダプターを直接接続することは緊急時以外はやらない。microSDメモリーも、ずっと内蔵のままである。(microSDに関しては、機構自体が滅多に外させないようになっていて、バッテリーの下のほうに入っている)

蓋を開けたくない私は、撮影した写真をPCに転送する場合、専用の卓上ホルダーを使ってUSB接続か、メールで転送している。
両方とも結構面倒くさい。

W62CAはBluetooth携帯なので、写真の転送をBluetoothでやれば楽だと急に思い立った。
ちょっと立ち寄ったPCショップで、ついでに衝動買い。

とある事情により、自宅では忙しくてパタパタしている。座るあまりない状態。
家でセットアップをする暇が無いので、職場で朝の始業前か昼休みにでもやろうと、帰ってからパッケージを開け、説明書とCD-ROMを取り出し、あとのパッケージはすぐにゴミ箱へ。

さて、次の日のお昼休み、早速セットアップしようと思ったら、あれ?なんか変だ。
説明書とCD-ROMは取り出したのに、肝心なBluetoothレシーバは取り出さず、ゴミ箱に捨ててしまった。これは、小さいレシーバーを選んだために、つい本体を包装の一部と一緒に気づかずに捨ててしまったというオチ。
家に帰ったら、まずゴミ箱をあさって探しだした。

さらに次の日(つまり今日)の始業前に接続してみた。接続は簡単。Vistaの場合、ドライバーのインストールも必要はなかったが、一応、付属のCD-ROMからドライバーとユーティリティーをインストールした。
早速PC側のBluetoothをファイル受信待機状態にし、携帯からファイル送信。300KBくらいの画像で、数秒の転送時間。まぁ、こんなものか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です