三日目・都内めぐり

三日目は都内をメインに散策。

朝、テレビを見るとBS-Hiで「サラリーマンNEO」をやっていた。初めてみたが、面白い。一挙放送らしく、何回分も放送している。はまって見ているうちにお昼になってしまう。
ホテルを出て、東京タワーに向かう。東京タワーに行く途中にうどん屋があれば入るという考えで歩くが、なぜか出くわすうどん屋は全部立ち食いしかなかった。結局東京タワーまで一気に着いてしまう。

 東京タワーに着くと、すごい行列になっている。東京タワーが観光名所として、まだまだ健在であったようだ。行列の長さにげんなりして、登る気力は一気に消える。嫁の目にクレープ屋が止まったので、クレープ屋に入る。ちょっとした軽食代わり。

東京タワーを後にして、次に水天宮に向かう。水天宮の周辺は、やはり子連れやお腹の大きい人が多い。前にいた職場は近かったが、そのときは水天宮がどんなお宮なのかあまり考えることは無かったので、これが当たり前の風景と思い込んでいた。

お守りセットを受けようとするが、ものすごい行列。お守りを買うだけなのに、なんでこんなに列が動かないんだろうと思ったが、今回の旅行の大目的の一つなので、頑張って並ぶ。壁際の方にはイスが置いてあって、これはきっと妊婦さんや赤ちゃんを抱っこしている人が座るためのものだと思うが、元気なおじさんや子供たちが座ったりしていた。
イスが空いたので嫁を座らせて自分だけが並ぶ。ちょっと列がゆがんでずれると、直後に並んでいる男の人がすぐにズイッと詰めて割り込もうとするので、ブロックする。やがて、嫁が来て、「なんで時間がかかるのか見てきて」というので、並ぶ係りを交代して列の先頭を見に行く。どうやらお守りを買うとき、母親の名前と住所を書いたり、生まれた赤ちゃんの名前を書いたりしていて、一人ひとりに時間がかかっているのが原因だった。
嫁のところに戻ると、さっきから割り込もう割り込もうとしていた男の人に、嫁はあっさりと割り込まれていた。ここんところは都会に慣れない嫁らしい。しかし、中国人みたいな割り込みをする人もいるもんだ。縁起物を買う列なのに、ほかの人からヒンシュクや恨みを買ったら嫌なんじゃないかと思うが、まぁそういう人が買った縁起物はダメになるよ、と思うことにする。

1時間以上かかってお守りを買った後、秋葉原に向かう。途中、マタニティショップがたくさんあるので、嫁はそこで買い物をする。当然時間がかかると思ったので、その間に、甘酒横丁にある有名なタイ焼き屋さんに買いに行く。いつも行列になっているので、嫁が買い物をしている間に並んでおこうと算段。ところが、お店はお休みで閉まっていた。お客さんがいっぱい来るであろう日曜日に閉まっているというのが、商売っ気がない。

秋葉原に着くと、目的の品を探し回る体力がないのと、人が多すぎるので疲れるので、高いであろうヨドバシで急いで買っちゃう。
嫁が足が痛くてもう歩けないと言い出した。休むかと聞くと、休んだらもう動けなくなるから、靴を買いにいきたいという。秋葉原に良い靴屋があったか思い出せない。秋葉原デパートにはあった気がするが、秋葉原デパートがどうなっているのか最近の状況を知らない。あまり歩き回って探せるようでもなかったので、すごく困ったが、ふと「ドン・キホーテ」があるのを思い出した。売ってるかは知らないが、売ってる可能性があったのでひとまず向かう。なかったら嫁の機嫌がどうなるか、とても不安に感じる。

ドン・キホーテに着くと、「シューズ」とあったのでヤッターと思いながら売り場を探す。相変わらずドンキの店内はカオス状態で、どこに目的の品があるのかさっぱりわからない。と、シューズ売り場を見つけると、なんだか男性モノしかない。女性用のがほとんどなかった。仕方ないので店員に聞いてみると、全然違う場所にあった。

女性向けの衣料品のコーナーに嫁が欲しがっている足が楽そうなブーツがあったので、片っ端から履いて選んでいる。すぐ後ろの棚はコスプレになっていて、おなじみのメイドやナースの衣装が売っているが、男の人が選びに来ているのが多かった。ちとあれだ。

しかし、久しぶりに来てみると秋葉原は急速に様変わりしつつある。ロリータファッションの人が増えているし、見かけや服装は普通のマジメな大学生っぽいカッコウなのに、なぜか猫耳をつけている青年が歩いていたりと、変な街になってきていると感じた。

秋葉原のあとはいったんホテルに戻り、友人と嫁の親戚にあげる沖縄土産を取ってくる。その後、タクシーで築地に向かう。タクシーの運ちゃんは「今日は日曜日だから休みだと思う」というが、最近は24時間営業年中無休な店もある。そこで友人と待ち合わせ。嫁は東京に住んでいる親戚のお迎えを待つ。

友人と合流し、嫁を紹介した後、嫁は親戚の方と一緒に去り、友人らと三人ですし屋に入る。築地のお寿司はやっぱり沖縄で食べるより安くておいしい。マグロの赤身が一貫で98円。中トロでも198円。沖縄だと、赤みで240円はする。普通、食べ物は沖縄の方が安いもんだが、お寿司に関しては全然違う。(もちろん東京の高いお寿司は桁違いに高いが)

回転寿司ではあるが、たらふく食べた後会計すると、1800円しかしない。沖縄だったら3000円は超えていたかも。その後は近くの居酒屋に移動する。

そこで友人らの近況やら何やらを話した後、解散。新橋までは歩いて帰る。ホテルに着くと、嫁はまだ親戚の家にいるようだった。こっちもゆっくり風呂に入って休む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です