4Dボクシング

人間ドックのため、仕事はお休み。人間ドックが終ったあと、嫁の定期検診に立ち会ってきた。
今まで見た胎児の超音波画像は、2D映像(写真)だったが、これを3Dにもできるらしい。そして、この3Dを4Dにして、リアルタイムで動きまでわかるらしい。

説明では20週以降にみるとよく映るらしいが、前回の定期検診の時、すごく見たがった嫁が勝手に予約を入れてしまっていた。
うちの子はまだ17週なので、案の定、まだ見えにくい。

ほとんど背中を向けていて、顔は見えない。
時々横を向いてくれて、その時に動きが少しわかる。

左向き。左手でへその緒を掴んでひっぱたりして遊んでいる。口に入れたりしてる。お腹すいてるんだろうか。(胎児はお腹空さないけど)
女医さんは「手先が器用になるかもしれませんね」という。
それにしても、胎児があんなにへその緒を引っ張ったりしても大丈夫なんだろうか。

次に右向きになって、右手グーで子宮にパンチしてる。
10年くらい前、ゲームで4Dボクシングってのがあったが、それみたいだった。

嫁も一緒に見にきた嫁母も、女医さんも「カワイー」って言っている。
2Dで胎児を見ても、「ああ、赤ちゃんがいる」くらいにしか感じず、可愛いとまでは思わなかったが、不思議なもので顔もよくわからない3D映像で赤ちゃんらしい動きをしているだけでも可愛く見えるものだ。

使った機械は毎回定期検診で使っている超音波機で、スイッチ一つで4Dに切り替わる。
こんなんなら、毎回見せてくれてもいいのに、と思った。
ちなみに、4D超音波はオプション料金5000円がかかる。一応、映像はDVD-Rに焼いてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です