ミニチュアっぽい風景写真

本物の風景写真をミニチュアっぽく撮影する、本城直季という写真家がいる。
その作品を見ていて、「これほど完璧ではないが、自分でも作れるのでは?」と無謀にも考えてやってみた。

いろいろ適した風景ってのはあるようだ。

ミニチュアを自分が見ていると想像して考えて見た。

  • 建物や都市の風景で、斜め上空から写したものであること
  • 車や人間など、程よく小さな物体もあること
  • 昼間で、曇っている時が良いということ

何箇所かで撮影した風景で良さそうなのがこれ。ちょっと雨降り。

Normal

これをミニチュア風にしてみると、こんな感じ。 (クリックすると大きくなるよ)

miniture

やったのは、画像編集ソフトで、写真の上部(遠く)と下部(近く)にぼかしを入れたこと。端に近いほどぼかしは少し強くした。
意外と簡単。
ミニチュアを近くで撮影すると、手前と奥はピントがずれる、というのを考えた。

さて、本城氏の場合はどのように撮影しているかというと、レンズに対してフィルムを傾ける「アオリ」という方法で撮影しているらしい。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です