秋葉原で通り魔、7人死亡10人負傷

日曜日は秋葉原の中央通りは歩行者天国になっている。
最近は無法地帯化して、露出ショーやエアガンでの打ち合いが人ごみの中で行われて問題になっていた。
しかし、今日はそんなのも吹っ飛ぶくらいの凶行が発生した。近年でもまれに見る凶悪さ。

容疑者、というより現行犯なので犯人と呼ぶが、犯人の加藤はトラックで次々と歩行者を跳ね飛ばした後、トラックから降りて駆け戻り、撥ねられて倒れている人や、助けようとしている人たちを次々とサバイバルナイフで刺し、7人の人が命を取られた。

その後警官と格闘した挙句に銃で警告され、すぐに観念したらしい。
やった凶行の内容にしては、銃で警告されただけであっさり降参したようだ。
無差別に罪の無い大勢を殺傷したくせに、自分の命が危うくなったらあっさりと降参する態度に腹が立つ。

それにしても、AKB48というアイドルグループは、凶行が行われているすぐ近くで、「そんなの関係ねえ」とばかりにイベントをやっていたそうだ。ここに乱入される危険性への対応や、何人もの命が奪われたことに対する哀悼的なものはなかったのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です