マンガ倉庫に騙し取られた

嫁は自分が邪魔だと思ったものはすぐ捨てたがる性格だ。買ったばかりの商品でも気に入らなければすぐリサイクルショップに出そうとする。

今日、嫁がゴミ箱、洗濯籠、物干しハンガーなどをリサイクルショップのマンガ倉庫に売りに出した。

買い取り査定が出て、その結果が「300円」。名目は「日用雑貨品」。

お金になるとは思っていなかった雑貨品が300円ならまぁいいか、と思ったのだが、実は、この買取価格はあまりにもインチキすぎるものだったということが判明した。

実は、洗濯籠の中には、私のお気に入りのハンドマッサージ器手もみ自慢が入っていたのだ。市販価格は2万円前後。

明細には「マッサージ器」とは書いておらず、「雑貨品」とだけ。このせいで私が気づかなかった。てんで、ありえない買取価格。安すぎる。

リサイクルショップは、安く買い上げた中古品にいくらかプラスして売った利益で営業しているのだから、安く買われるのは仕方ない。しかし、何がいくらの査定か分かりにくい明細で、しかもあり得ないほどの安値をつけるのはインチキとしか思えない。

今回は嫁が物の価値を分からず、無意味に売ったのが一番の原因だが、マンガ倉庫のやり方に激しい憤りを感じた。二度とマンガ倉庫には売りに出さないし、何も買わないことにする。気持ち的には300円なんて弁当1個分にもならない金額で売ったというより、2万円を盗まれたという気持ちに近い(他の雑貨品も含めてなので、実際には300円以下)。:-(

マンガ倉庫泡瀬店に行けば、価格2万円のもみ自慢を300円で仕入れて売ってるはずだ。まぁ、5千円くらいだったらすごくお買い得のはず。欲しい人はマンガ倉庫に行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です