沖縄の自民党の歴史

Wikipediaソースで、自民党沖縄県連の歴史を調べてみたら面白かった。
沖縄の戦後政治は、沖縄自民党の政治と言っても過言ではないと思った。

そしてちょうど今、沖縄の自民党は日本復帰前の様相と酷似してきていると思った。

1952年、社会大衆党(社大党)から比嘉秀平派が分裂し、保守の「琉球民主党」結成。
1956年に比嘉が急死すると内部分裂。造反が相次ぎ、立法院での議席数激減。

そしてまた保守系議員らが再集結し、1959年に「沖縄自由民主党」を結成し、ブース高等弁務官が大田政作を行政主席に任命。

キャラウェイ高等弁務官の強権力発動で沖縄が混乱(キャラウェイ旋風)。
それに追従し続ける大田に反発し、また内部分裂。

松岡派の松岡が行政主席に任命され、1964年に「民主党」に改名。

1967年、日本本土の自由民主党に合わせ、沖縄自由民主党に党名を変更。

復帰前の1970年、自由民主党沖縄県支部連合会へ発展解消。

元々が社大党だったっていうことや、何度も分裂しては再結集していること、民主党・自民党と名前をコロコロ変えてることが面白い。

琉球政府の行政主席(今で言う県知事に相当)はアメリカ政府から任命されていたので、あまり民主主義的ではなかった。
1965年に、やっと立法院議員による間接選挙で選ばれた。
1968年に住民が直接投票する第1回行政主席通常選挙がやっと行われると、保守の西銘順治がや革新系候補の屋良朝苗に敗れた。

直接選挙で住民から選ばれた屋良朝苗が登場するまで、行政主席はずっと保守系政党の代表が任命されていた。

沖縄においては、民主党も自民党も、同じもの。今の民主党とは別物だけど、結局民主党が保守政党なのは今も昔も変わらないらしい。

そして、沖縄の保守とは、アメリカによる沖縄統治のために活動していた人たちってだったってこともわかる。これは今もそうなのだろうか?

ちなみに復帰前の沖縄には、沖縄の住民で成り立つ琉球政府があったが、その上位に琉球列島米国民政府という上位組織があり、いうなれば琉球政府は米国民政府の言いなりになるしかなかった。
米・国民政府ではなくて、おそらく米国・民政府だと思う。

復帰前の沖縄自民党は当然親米政党で、沖縄の日本復帰には反対する立場であったが、沖縄の政治・経済に大混乱を起こしたキャラウェイに追従する沖縄自民党の主流派に反発する者も続出して弱体化、次第に日本復帰に路線を変えていった。

沖縄の自民党が、住民派と統治者派に分かれて分裂するのは、復帰前にもあったわけ。
普天間基地の移転問題で、日本政府と米国の施策に追従する主流派に対し、県内移設に反対する保守系の人たちが造反している点が似ている。

復帰か米軍統治のままかの争いが、沖縄自民党の内部分裂により日本復帰になったように、今度も造反者が続出して県内移設阻止ということになるのか、興味深いところ。

ところで、キャラウェイ弁務官は復帰前の沖縄では最も嫌われたアメリカ人であるが、大東島の人たちを救ったという面もある。