太陽光発電と売電新制度

家を購入検討していて、家を買ったらソーラーパネルを付けたいなぁと思っていた。そうしたら、ソーラーパネル付きの中古物件が売りに出ていた。

住宅ローンの支払いにも影響してくるので、いろいろ勉強してみた。勉強しておく価値は、あるかもしれない。

新制度について

新制度は平成21年11月1日から始まる。今から2カ月後だ。この時から、電力会社との売電契約を結ぶことによって48円/kWhで売れる。売電価格は年々引き下げられていくが、契約時の売電価格は今から10年間は保証される。すなわち、11月1日から売電契約をした人は平成31年までは48円/kWhで売ることができるが、来年の売電価格が46円とかになったと仮定すると、来年契約する人は46円で9年間しか保証されない。期間も短く、価格も安くなる。

その売電の原資は、電気を買う電力会社が負担するわけではない。負担するのは全世帯。これは一般家庭へのソーラー発電の普及を国が進めている理由を考えれば、少し理解できるかもしれない。
日本政府が苦しんでいるのは、CO2排出削減目標のこと。今のところ、全然達成できていないし、逆に増えたりもしている。そこで、一般家庭へのソーラー発電の普及を促進してCO2削減目標に向かおうということなのだ。
つまり、お金を出してソーラーパネルを設置する人は、お金を出してCO2削減に協力していると考える。
そして、これまで通りの電気の使い方をして、ソーラーパネルを設置しない・できない人は、お金を出してソーラーパネルを設置した人の負担を広く薄く分担することによってCO2削減に協力するという考えらしい。
簡単に言うと、国民みんなでCO2削減に協力しましょうということなのだろう。

なお、ソーラーパネル設置に関して、発電力1kWあたり7万円の補助金が出るというのもあるし、各地方自治体でも助成金がある。

補助金と売電の新制度のおかげで、ソーラーパネル設置依頼が殺到しているらしい。かつてはソーラーパネル設置業者が一生懸命チラシを配って営業していたのが、今では客のほうが殺到しているわけで、発注から設置まで数カ月はかかるらしい。
つまり、今注文しても11月1日には間に合わない。

ちなみに、ドイツでは売電価格は通常電気料金の3倍なので、日本の新制度は控えめ。

ソーラーパネル

ソーラーパネルは、180Wくらいの発電力を持つものがメインらしい。やはりメーカーの技術力の差はあるようだ。
種類は単結晶や多結晶、アモルファスなどいろいろあるみたいだが、それぞれの特徴は割愛。

ソーラーパネルの発電は、言うまでもなく直流電流だ。一般家庭の電化製品は、交流電流。そして、ソーラーパネルの発電量はその瞬間の天候や日差しに大きく影響されて変動する。それらをなんとかするのがパワーコンディショナー。これはソーラー発電のシステムの中では一番高い。だいたい20万~40万くらい。

ソーラーパネルはどこにでも設置できるわけではない。屋根の形状や家の造りにも大きく左右される。メーカーは10年保証を付ける場合があるが、木造などの住宅の場合は強度資料がないと保証は付けない。パナホームやなんとかホームというような大手住宅メーカーはソーラーパネル設置のための資料を予め作ってあるので保証が受けやすいらしい。鉄筋コンクリートなら問題はなさそう。

設置する屋根の形状で、いろんなタイプのパネルがある。切り妻屋根(三角柱を倒したような屋根)が適切みたい。
南に向かった屋根のほうが適切なのは言うまでもないが、北側でも一応は発電できるらしい。おススメではないが。
また、豪雪地帯などで雪が積もると発電できない。

性能劣化は20年で1割程度の発電量低下らしい。ソーラーパネルの寿命よりも、他の部分の寿命が短いようだ。
たとえばパワージェネレーターは10年とか20年くらいじゃないか、とベスト電器の担当者は言っていた。

ソーラーパネルの性能は年々向上していて、より小さく、より大容量の発電ができるように進化してきている。

売電契約とオール電化

オール電化と太陽光発電はセットで導入するのがベストらしい。

電力会社は昼間には電気を使って欲しくないが、夜には電気を使って欲しい。電力会社の電力は、あまり貯めておくことができないので(揚水力発電というのはあるが)、24時間365日発電し続けている。一番使われる昼間の需要に合わせているが、深夜は余る。
そこで昼間は高く、夜は激安の契約を提供している。

沖縄の場合はEeらいふ・Eeプランというコース。
23時から7時までの深夜電力はおよそ半額以下に、10時から17時までは1.5倍に、その他はちょびっとだけ安い。 そしてEeプランならさらに10%割引き。

昨今の経済事情では共働き世帯が多く、昼間は家に誰もいない家が多い。そこに太陽光発電とオール電化がピッタリする。

昼間の自宅に誰もいないときに太陽光発電で電力会社に48円で売電する。
朝夕の台所家事の時間はちょっと電力は使うけれど、そのほかは深夜電力を使う。

オール電化の場合、電気温水器・エコキュートで深夜電力を使ってお湯を沸かして貯めておく。
乾燥洗濯機、食洗器も深夜にセットして自動で行う。

すると、半分の料金で買い、2倍の料金で売ることができる。

効率よく使えば、場合によっては光熱費が収入になるかもしれない。

エアコンと冷蔵庫を省エネタイプに、家中の電球をLEDに変えてしまえば、なお効率は良くなる。
それぞれ値段は高いけれど、使用電力量の差が大きいうえに、長年使うものなので買い替えの元は取れるらしい。

省エネ電化

省エネタイプの家電についても調べてみた。

エアコンと冷蔵庫については、安くても小さい物のほうが電力は食わない、と思ったら間違いで、冷蔵庫なんかは中小の冷蔵庫よりも大型冷蔵庫のほうが電力を食わなかったりする。理由は良く知らない。
エアコンも、高いエアコンほど電力は食わない(というか効率がよい)。

白熱電球は、あと2,3年で製造は停止されていくらしい。これからは蛍光灯型に…といいたいところ、LED方式が出てきた。
LED方式は、白熱電球の価格の40倍ほどするが、使用電力が1/5ほどになる。寿命も数十倍。価格は3000円台だけれど、その分の元は確実に取れるらしい。
ただし、LEDも欠点があって、調光器には対応していない(近日対応)、明るさが足りない、明かりが広がりにくい、明かりの色などがある。ダイニング等のあかりだと、お食事がおいしくは見えないかも。

エコキュートってのがある。電気温水器ってのもある。同じものだと思ってたが違った。
深夜にお湯を沸かして貯めておくのは同じだが、電気温水器はヒーターで沸かす。エコキュートは、エアコンと同じで、ヒートポンプで沸かす。
エコキュートのほうが電気温水器より1/3の電気でいいらしい。
エコキュートにはエアコンのように室外機があるので、冷房とは逆に冷風が出る。
エアコンとエコキュートの室外機を向かい合わせにして置いておけば、電気代は安くならないだろうか。
エコキュートは外気との熱交換でお湯を沸かすので、寒冷地よりも沖縄のような暑いところが効率がよいかも。

ちなみに冷房用のエコアイスってのもあるが、これはとても高いらしい。

省エネ家電というより、オール電化の話になりつつあるけど、IHコンロの話。
IHコンロは電磁波で鍋を発熱させるわけだけど、実は鍋の材質によって使えない場合がある。「鉄・ステンレス対応」と書いてあるものは鉄とステンレスしか使えない。例えばアルミ鍋は使えない。ちょっと高いタイプを選べば、1個か全てが「All Metal」となっているので、少なくとも1個はAll Metalがいいと思う。
IHコンロは鍋以外は熱くならないとか、空気が汚れないという利点のほか、掃除がしやすい。

乾燥洗濯機はヒートポンプ方式が電気を食わなくてよい。また、衣類の縮みも少ない。
もちろん普通の洗濯機のほうがエコではあるが、深夜に選択できるのは利点。

食洗機は節水にもなるらしい。人間が洗うよりも水が少なく洗える。
深夜にセットしておけば、寝ている間に洗える。

これだけ徹底すれば夢の光熱費0円…できるかも。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です