[OPINION] 組体操とブラック部活と

昨日、今日と朝のTV番組で学校にまつわる話をしていた。

「ある自治体で組体操禁止令が出た」ことに関しての街頭アンケートをすると、驚いたことに大多数の人が反対だという。
つまり組体操賛成派が多い。

私の出身中学は組体操ではなくて空手の演武、高校では棒倒しだった。

中学はそんなに大変じゃなかったが、高校は、勉強を頑張るコースの生徒が主体で、一部に学校の知名度アップのための運動を頑張るクラスがあり、その差は歴然としていた。羊の群れと猛牛の群れである。
そんな羊たちと猛牛たちが混ぜこぜで棒倒しで戦うのだ。はっきり言って「運動会」ではなく乱闘。
運動を頑張るクラスには、日本でもトップクラスの武闘部員も多い。

そんな乱闘が終了した後、鼻を折って鼻血をボタボタたらしながら、運動を頑張るクラスの先輩が、「**のやつどこいった!!! ぶっ殺してやる!!!」とメチャメチャ怒って武闘部の生徒を探しまわっていた。どうやら棒倒しどころか、マジで乱闘し、グーパンチをまともに食らったらしく、怒って仕返しするらしい。
(これって運動会なのか?それとも武闘会の予選だったのか?なんのために負傷してまで乱闘する必要があるんだろう?)と思った。母校では今でもやってるんだろうか。

さて、街頭アンケートで組体操賛成の人が理由として「集団で一つの目標を成し遂げるということに意味がある」みたいなことを言っていて納得した。
なるほど、全体主義の訓練ってことかー。
棒倒しなんて、まさに合戦だもんね。
そこは、ちゃんと軍師を立てて、「魚鱗の陣を組んで突っ込めー!」 「向こうが魚鱗なら、こっちは鶴翼の陣で応戦だ!」「それ倒したぞ、勝どきを上げろ!」とかやったほうがいいのかな。

そして変わって今日の朝の番組では、「ブラック部活」のことをやっていた。
昨日のニュースで、部活の顧問にいじめられた生徒が自殺し、その裁判の判決で学校が敗訴したというのがあったので、てっきり部活動をする生徒に対するブラック環境かと思ったら、部活の顧問の先生にとってのブラックな状況のことだった。

そりゃそうだ、土日も部活に付き合って休みが潰れることもあるし、部活以外でも本職の仕事がある。部活に積極的でもない先生には堪らないだろうなと思った。

ところがだ、そんなブラック部活にも賛成派っているわけ。
たぶん女子高校生くらいだろうか、その子の意見が「3年間、部活に頑張りたいんだから、先生の都合で影響しないでほしい」みたいなことを言っていた。

えっ? 生徒たちには3年間でも、先生にとっては定年になるまでずっと続く仕事だよ? 君たちが大人になり、就職し、土日は休んで夏休みもとって旅行に行ったりする、そのときもずっと先生は業務外のブラック部活を続けて行けと?
先生は子供たちの奴隷じゃないよ!